Home > インターネット購買システムWAO!
 

「製品に使う原材料の購入なんかではなくてね。 工場で使う備品や設備の消耗品なんかを発注する際に使う承認システムで安くてよいものを探しています。」


「パンフレットやノベルティグッズなどの販促品の購買管理を行うシステムはありますか。」

といったように、間接資材や備品・販促品など、経費で購入する物品の購入プロセスを適切にコントロールしたいというニーズは強く存在します。


電化製品メーカのT社では次のような問題がありました。

「間接資材の発注は製品の資材とは違って今でも紙で行っているだけど、全体を把握するときに非常に不便なんだ。伝票毎に管理されていて一目で管理できないし、あとでシステムに入力しないといけないしね。」


とお話されたのは担当部署である資材購買管理部のM課長です。

後に情報が回ってくる経理からも「請求書が来るか入力がされるまではどのくらいの支払いが生じるか全くわからないし、請求の妥当性も実はよく見えない。」と懸念の声が出ていました。


そこで、導入を検討したのがASPの購買Webシステムです。社内の購入申請承認ワークフローシステムと購入先である取引先に対して発注を行うWebEDIシステムとを組み合わせたASP(アプリケーションサービス)でした。

インターネット購買システムWAO!を選ぶ理由とは?

1,事業所・関連会社に対応
グループ会社全体の購買管理システムとしても運用でき、全社で統制された購買活動を行うことができます。

 

2,柔軟なワークフロー
価格決定品は品目単価マスタ登録することにより、個別発注の決裁フローを簡略化することができます。
(購買調達部門んの受付を介せずに発注できます。)

 

3,合見積を常態化
合見積WebEDIに標準対応していますので、合見積を常態化し、購入先選定根拠を明確化することができます。

 

4,二次取引先とも連携
商社などの取引先はメーカーなどの2時取引先へ手配して、納期回答や納品書発行を直接処理してもらえます。

 

5,会計システムなどERPとも連携
見積依頼、購入要求から注文、納品、請求まで一気通貫の購買活動を安価に支援します。

 

 

インターネットを使うことにより、会社内でしか使えなかった購買システムを社外の取引先と共有し、ここを最大限に活用して仕事を効率よく統制しながらできるようにするシステムです。

取引上問題がおきやすい購買活動をシステム化して、ご担当者はミスなく効率よく仕事をすすめ、管理者・責任者の方には購買活動を「見える化」して透明な購買活動環境を構築します。

 

Web購買 発注元 取引先 注文書 納品書 印刷 EDI 参加 指定納品書 イメージ図をクリックすると動画解説ページへ移動します。

  要求担当者が見積依頼や購入要求を入力します。過去の類似伝票を編集して起票もできます。部門決裁されると購買担当者が受付、要見積検討の場合は合見積を取ります。要求部門で見積結果から要求されている場合はそのまま発注決裁を仰ぎます。決裁されるとお取引先のメールアドレスに対してeメールを発信します。お取引先はeメールを受信して新しい取引の発生を知ります。eメールには注文データそのものは添付されていません。取引先の担当者はASPサービスへブラウザでアクセスします。ASPサービス画面のメニューをクリックして注文書印刷や価格・納期画面を表示し、注文書や納品書をプリンタで印刷したり、価格や納期を回答入力します。2次の取引先には納期回答・納品書発行機能が提供されます。  
ご利用イメージの動画解説はこちらへ 動画4分42秒   閲覧にはWindows Media Player 9以上のプラグインが必要となります。

 
 

業務改善後のご感想

 
T社資材購買管理部担当者A様
「業務処理の電子化により起票業務・管理業務がそれぞれ適切な部門に分担され、本来購買部門の業務でない業務の分散化と省力化が図れるようになりました。」

T社資材購買管理部責任者M様
「うちのような各事業拠点が独自にシステムを改変し、まちまちな業務フローを実施していたところでは、同じような品目の購入価格の決定が各購買担当者のスキルに依存した実態となっていたのですが、購入活動を全て統一システム上で承認・実行することによって個人スキルによる過失を減らし、ミスだけでなく不正も抑止することができました。 」

インターネットWeb購買システムWAO! 改善イメージ詳細

  さらに詳しくはこちらへ
インターネット購買システムWAO!の改善イメージをさらに詳しくはこちらへ
 

ASPトライアルサービス利用開始までの流れ

 
 
 テスト用マスタデータも用意されていますので、すぐにお試しできます。
 CSVマスタ登録機能で貴社のマスタ情報を本格的に登録しながらお試しいただくこともできます。
 下図のようにお取引先のご協力をいただき本番さながらにお試しいただくこともできますが、御社内だけで評価することも
 できます。お気軽にお問い合せください。

 
ASPトライアルサービス利用開始までの流れ イメージをクリックすると動画解説へ移動します。
 

 無料トライアルご利用イメージの動画解説はこちらへ 動画1分58秒   閲覧にはWindows Media Player 9以上のプラグインが必要となります。
 
 
ASP無料トライアルサービスのお申し込みはこちらから。申し込みフォームが開きます。
 
 
トライアルサービスはお電話からのお申し込みも受け付けております。

動作環境

 

コンピュータ本体      (プロセッサ)

Windows Vista (32ビット)
Windows 7
Windows 8/8.1
デュアルコア2GHz以上
デュアルコア2GHz以上
デュアルコア2GHz以上

(メモリ)

Windows Vista (32ビット)
Windows7(32ビット)
Windows 7(64ビット)*2)
Windows 8/8.1 *3)
2GB以上
3GB以上
4GB以上
4GB以上
  いずれの場合もIE(ブラウザ)起動前の空きメモリ容量が、8MB以上必要となります。
(ハードディスク) ブラウザ(IE)起動前の空き容量が、1GB以上必要となります。

ブラウザ           (必要ソフトウェア)

Internet Explorer(IE)7.0/8.0 /9.0/10.0/11.0*1) *2)
プリンタ

A4用紙の印刷余白左右上下各端面より5mm未満のプリンタ
複合機能印刷機(FAX・コピー・プリンタ等が一体になった筐体)は動作保証外とさせて頂きます。

ランタイム .NETFramework3.5SP1(プラグイン用)
*1Internet Explorer 6.0以前は動作保証外です。Internet Explorer 8.0以降は7.0互換表示で動作します。
*2 64ビット版Windows7を使用する場合は32ビット版Internet Explorerで動作します。
  IE9以前の場合はスタートメニューの「Internet Explorer(64ビット)」はお使いにならないでください。
  スタートメニューの「Internet Explorer」が32ビット版Internet Explorerです。
  IE10以降は64ビット/32ビットモード自動判定ですので上記の違いはありません。
*3 Windows8/8.1を使用する場合はデスクトップ版Internet Explorerで動作します。
 

ASPトライアル運用における注意

 
   
当ASPトライアルサービスでインターネット購買システムWAO!の標準構成機能をご利用いただくにあたっての注意事項です。

対象取引先様は3社までと限定させていただきます。

自動更新プログラムと自動FAXプログラムはトライアルではありません。

最初に購入要求を行った日から起算して90日後にサービスを停止いたします。

本サービスの利用には費用は発生いたしません。軽微な帳票カスタマイズでのご利用も承ります。その場合は別途お見積もりとなります。

 

 

購買WAO! ASPサービス価格情報

 
更新中

機能詳細

 
カテゴリ 区分 機能名
基本機能 マスタ管理 会社マスタ・発注者(事業所)マスタ・部門マスタ※・ユーザマスタ※・役職マスタ・決裁権マスタ・承認経路管理
    要求部門管理・調達部門管理・受入部門管理
    大分類マスタ※・中分類マスタ※・小分類マスタ※・品名マスタ※・単価マスタ※・数量単位マスタ・支払条件マスタ※
    会計科目マスタ※・納品先マスタ※・取引先マスタ※・取引先追加ユーザー管理・業種マスタ
    CSV出力・CSVアップロード更新(※印の付いたマスタ機能に付属しています。)
    掲示情報管理・システム環境設定・非稼働日設定・ログ管理・データベース容量照会・データ保守
  取引先 取引先メニュー・自社情報登録・追加ユーザー管理・自社品名コード管理・自社登録単価照会
購買機能 購入要求担当 購入要求(見積依頼)申請(新規)・ファイル添付 (見積依頼申請)*1 受入情報閲覧
    購入要求申請(変更・取消)・購入情報照会 見積結果閲覧  
    購入要求(発注申請)閲覧・購入要求申請(過去情報)    
  購入決裁 購入要求承認・購入情報照会・購入要求(発注申請)閲覧 見積結果閲覧 受入情報閲覧
  調達担当 購入要求(見積依頼)受付・発注申請 見積回答確認・見積依頼照会 納品情報照会
    購入情報照会・発注申請(購入要求)閲覧 見積結果閲覧・見積回答代理入力 受入情報閲覧
    注文情報照会・注文情報閲覧 見積依頼書(控)印刷・見積書印刷  
    注文書(控)印刷・納品書(控)印刷 見積依頼CSV出力・見積情報CSV出力  
    納期回答確認・注文情報CSV出力 見積依頼作成(単価登録申請用)*  
    FAX情報閲覧 見積回答確認(単価登録申請用)  
      単価登録申請  
  調達決裁 発注申請承認・購入情報照会・発注申請(購入要求)閲覧 見積結果閲覧 受入情報閲覧
      単価登録承認・見積結果閲覧(単価用)  
  受入 (分納)受入登録・受入情報照会・バーコード受入   受入情報閲覧
  取引先 注文書印刷・納品書印刷 見積回答入力・ファイル添付  
    納期回答入力 見積依頼書印刷・見積書(控)印刷  
    注文情報照会・注文情報CSV出力 見積情報照会・見積依頼情報CSV出力  
      見積情報CSV出力  
請求機能 請求担当 買掛明細書印刷・買掛明細情報CSV出力    
    請求書印刷・請求書情報CSV出力・請求情報代理確認
  取引先 買掛明細書印刷・買掛明細情報CSV出力
    請求情報確認・請求書(控)印刷・請求書情報CSV出力
2次手配機能 マスタ管理 取引先マスタ登録(2次手配許可)
  取引先 2次手配登録・納期情報照会・納期情報CSV出力
    納品書(控)印刷・2次受注者管理
  2次取引先 納期回答入力・納期情報照会・納期情報CSV出力
    納品書印刷・自社情報
企業調査表 マスタ管理 企業調査担当事業所管理
機能 企業調査 企業調査表管理・企業調査表変更依頼登録・ファイル添付
    企業調査表閲覧(企業・営業所・事業所・海外事業所・設備・取引先・販売品・業績)・代理更新・ファイル添付
    企業調査表PDF出力・企業調査表情報CSV出力
  取引先 企業調査表更新(企業・営業所・事業所・海外事業所・設備・取引先・販売品・業績・ファイル添付)・企業調査表閲覧
    企業調査表PDF出力・企業調査表情報CSV出力
         
 
*1  見積依頼申請は購入要求申請の機能の一部です。
*2  見積依頼作成は単価登録申請の機能の一部です。

 
 

よくあるご質問

 
Q:「うちは事業所でそれぞれ購入活動を行っていて、集中購買しているわけじゃないから、こんなのは要らないよ。」

「うちは事業所のそれぞれの部門が購入活動を行っていて購買部みたいなのはないので、こんなのは使えないよ。」

A:すべての要求部門の購入要求をある事業所、たとえば本社の購買・調達部門に集約することも、各事業所内にそれぞれ購買・調達部門がある場合もそのままお使いいただけます。既存の部門組織に購買部門機能と購買担当者・承認者権限の付与の仕方次第となります。究極の構成は要求担当者と購買担当者を各個人で兼任することもできます。必ず別の承認者が間に介在させることにはなります。重要なのはオペレーションの集約ではなく、データや情報を集約して細かい網の目をはることです。
Q:「うちは事業所で購入伝票を書く人間が別にいるんだけど、全員に購入要求ユーザーをやらせるなんてできないし、ユーザーID料金とか高くなるでしょ?」

「うちは事業所でそれぞれが購入伝票を書いて上司へ持っていくんだけど、同じやり方できるの?」

A:ある事業所の要求部門の購入要求をある部門の購入要求担当者に代理申請させることができます。その要求担当者の帰属する部門ではなく、購入経費を負担する部門を要求担当者ユーザーに設定しておくと、その部門を負担部門として設定して申請することができます。また、各自で購入要求伝票を申請することもできます。ユーザーID料金は101人目からは100円、201人目からは20円と負担の少ない価格設定となっています。

Q:「無料でトライアルができると言っても、マスタの準備とかめんどうなんじゃないですか?」

「無料でトライアルができると言っても、会計システムや関係する基幹システムとの連携ができる環境が準備できないとできないんじゃないんですか?」

A:トライアルの場合はある程度マスタの内容はプリセットされた状態からスタートできます。もちろん貴社環境に合わせたマスタを新規に登録しながらもできます。登録数が多くなりがちなマスタはCSVファイルでのダウンロードやアップロード更新機能が標準でついています。また、購入要求申請画面でデータを入力するところから使いはじめますので、基幹システムとの連携がなくてもすぐにトライアルを始められます。

Q:「合見積を行っても全部の取引先がインターネットを使用できるわけでないので、中途半端になりませんか?」

「インターネットができてもEDIに協力してくれない取引先もあるので、そういう場合はどうなりますか?」

A:インターネットのできない取引先(非EDI)の分については、発注者側で代理の回答 登録が行えるようになっています。5社の取引先に依頼して1社でけ非EDIがあったとしても比較画面で代理登録ができますので他のEDI取引先と同じように回答を比較・管理することができます。見積書・注文書・納品書はEDI取引先の分は控えとして、非EDI取引先の分は発行書面として調達担当者機能で印刷できるようになっています。

Q:「商社さんのようなところに発注して、実際の納品はそちらさんが手配した業者さんからになるのですが対応できますか?」

「商社さんのようなところに発注して、実際の納期はそちらさんが手配した業者さんしかわからないのですが対応できますか?」

A:2次取引先機能を使いますと直接の受注企業では2次手配メニューが表示されまして、そこで2次取引先を割り当てることができます。2次取引先ユーザーには2次取引先専用サイトにログオンしていただき、そちらから直接納期回答や納品書を出力して納品していただけるようになります。

Q:自動FAXに対応していますか?」

「FAX送信料金が高かったり、高額のハードが必要であったりしませんか?」

A:見積依頼書と注文書は自動FAXに対応しました。FAX回線は自社のをお使いいただきますので、利用料金はFAX通信費実費の他に利用料金表の費用が発生しますが高くはありません。Web画面から送信結果を閲覧したり、再送を要求できます。一般的によく使われているパソコンFAXソフトと連携しましたので比較的安価に導入できます。

動作環境

 
自動FAXパソコン
FAXソフトウェア まいとーくFAX 9 PRO *1
オペレーティング Windows XP Professional SP3  *2
システム Windows Vista Business(32ビット) SP2  *2
  Windows 7 Business/Enterprise (32ビット)  *2
データベース SQLServer2008ExpressEdition  
コンピュータ本体 Windows XP Professional  MMXPentium200MHz 以上
(OS別のプロセッサ) Windows Vista (32ビット)  1GHz プロセッサ 以上
  Windows 7 (32ビット)  2GHz プロセッサ 以上
(OS別のメモリ) Windows XP Professional  512MB 以上
Windows Vista (32ビット)  1GB 以上
Windows 7(32ビット)  2GB 以上
いずれの場合もソフト起動前の空きメモリ容量が、128MB以上必要となります。
ハードディスク SQLServer2008ExpressEditionが稼働する十分な空き容量が必要となります。
FAXモデム 株式会社インターコムが推奨するRS-232C外付けFAXモデム *3
*1 「まいとーくFAX 9 PRO」は株式会社インターコム製の製品です。
*2 弊社自動FAXソフトウェアの動作環境のため「まいとーくFAX 9 PRO」が動作するOSでも動作保証されないOSがあります。
*3 PCMCIAカードモデム、PCI内蔵モデム、USBモデムは、RS-232C外付けFAXモデムに比べて、動作が不安定です。

 

インターネットWeb購買システムWAO! 改善イメージ詳細

  さらに詳しくはこちらへ
インターネット購買システムWAO!の改善イメージをさらに詳しくはこちらへ

請求機能オプション    2次取引先機能オプション    企業調査表機能オプション    自動FAX機能オプション
インターネット購買システムWAO!の請求機能オプションの改善イメージはこちらへ インターネット購買システムWAO!の2次取引先機能オプションの改善イメージはこちらへ インターネット購買システムWAO!の企業調査表機能オプションの改善イメージはこちらへ

見積単価登録・購入要求発注ダウングレードオプション    合見積・単価登録ダウングレードオプション
インターネット購買システムWAO!の合見積・単価登録ダウングレードオプションの改善イメージはこちらへ インターネット購買システムWAO!の見積単価登録・購入要求発注ダウングレードオプションの改善イメージはこちらへ インターネット購買システムWAO!の自動FAX機能オプションの改善イメージはこちらへ

 
ASP無料トライアルサービスのお申し込みはこちらから。申し込みフォームが開きます。
 
 
トライアルサービスはお電話からのお申し込みも受け付けております。
 
 

インターネットWeb購買システムWAO! よくあるご質問

 
  インターネット購買システムWAO!FAQ
インターネットWeb購買システムWAO!のよくあるご質問はこちらへインターネット購買システムWAO! オペレーションマニュアルダウンロードサービス
 
  インターネット購買システムWAO!マニュアル  
 
     

富士エフ・ピーの実績 業界最大手の大企業含む60社が発注サービスを採用 20000社の取引先が利用

株式会社富士エフ・ピーのインターネット調達購買関連サービスは1998年のサービス開始以来、製造業の調達業務のプロフェッショナルから高いご評価をいただき、関東、関西、東海地方の大手上場企業様から多数のご採用をいただいております。
業界最大手の大企業でもご導入いただき、受注取引先としてご利用いただいているユーザ総数は20000社近くになります。調達担当者様の発注、単価確認、納期確認の日常業務を大幅に省力化し、単価低減や入荷管理の徹底といった付加価値につながる管理作業をご提供しています。

私ども富士FPは、1991年に会計事務所系経営コンサルティング会社として発足し、
1993年よりシステムインテグレーターとして業務系Webアプリケーションの開発を開始いたしました。 
1995年には購買業務のIT化を通して、原低に貢献するシステムとしてWAO!をリリース。
現在、大手メーカー中心に70社を超える発注企業、ID数14,500を超えるご利用を頂いております。
現在では、システム化の範囲を物流、買掛金の確定、図面の自動転送・共有、企業調査票など
取引先とのコミュニケーションの効率化を中心に機能を充実させております。
さらに、稟議承認システム、経費精算システム、営業報告書、勤怠管理システム。
経理面では、仕訳作業の自動化システムなどワークフローの改善につながるWebシステム開発を行なっております。
業種、業態によって仕事の流れは各社各様です。
グループ企業でも、支店ごとで全く異なる作業が行われています。

富士FPにご相談される方の多くは、このようなお悩みをお持ちです。
「いまの仕事の流れにあったシステム化を行いたいけど、カスタマイズすると信じられない金額になる。 」
逆に 「パッケージだと安いけど、システムにあわせた仕事になってしまって、かえって工数が増えた。」
富士エフ・ピーの強みはまさにここにあります。
現状の仕事の流れにあわせたシステム化を安価かつ短納期に実現するノウハウ。
一般のEDIがサジを投げる特殊な業務のシステム化、を極力初期費を抑えた形でシステム化する。
もし、いまあなたがシステム化にお悩みなら、
一度富士エフ・ピーにご相談ください。
社名「富士エフ・ピー」の由来
富士は日本一を目指すという気概です。FPは会計事務所時代の設立当初「Financial planning」で 現在は「future planning」です。

富士エフ・ピーでは、ITを通じて実効性の高い経営業務改善アプリケーションサービスを提供し、それによって顧客企業の発展と社会発展に貢献することと考えています。


 
 
このページのトップへ