株式会社富士エフ・ピーシステム事業部のサイト インターネットを活用したリアルビジネスの改善についてアドバイスします。  サイトマップ

インターネット購買システムWAO!よくあるご質問
   Home > インターネット購買システムWAO! > よくあるご質問
 

インターネット購買システムWAO!について

 

よくあるご質問     より基本的な点についてはインターネットWebアプリケーションサービス共通FAQもあります。
               お取引先(受注者ユーザー様)向けについてはお取引先ユーザー様からのよくあるご質問もあります。


 

Q.インターネット購買システムWAO!とはなんですか?
Q.トライアルサービスはありますか?
Q.初期費は必要ですか?
Q.利用費はいくらですか?
Q.お取引先にも利用費がかかりますか?
Q.どんな環境で利用できますか?
Q.自動更新パソコンとはなんですか?
Q.基幹システムとはどうやって連携しますか?
Q.受入が行われた注文の受入情報を会計システムなどに自動で取り込むことはできますか?
Q.取引先に見積依頼をする時に図面を添付したいのですがPDFの図面は送れますか?
Q.購入品のなかには分割して納品されてくるものもあるのですが、分納の受入はできますか?
Q.発注時には上長の承認が必要です。また、注文金額によってその承認者も変わってくるのですが対応できますか?
Q.承認者が申請に気付かずに購入の決裁が滞ってしまうことはないのでしょうか?
Q.合見積の依頼先には、EDIに対応できないところもあるのですが・・・
Q.自動FAXに対応していますか?
Q.自動FAXはFAX送信料金が高かったり、高額のハードが必要であったりしませんか?
Q.中間承認者は何人まで設定可能ですか?
Q.購入するものによって承認依頼先の承認者が異なるのですが対応できますでしょうか?
Q.テキストファイルのデータ保存の形式はどのようなものですか?
Q.データの保管期限はありますか?
Q.社内のシステムにも品目マスタは有るのですが、どのように同期をとれば良いのでしょうか?
Q.担当者や取引先の情報はWEBシステムと基幹システムで共有できますか?
Q.帳票に印字できるバーコードの種類はどのようなものがありますか?
Q.外貨での取引に対応していますか?
Q.調達担当者だけではなく、購入担当者や購入承認者も購入状況のステータス(承認状況、注文状況、回答納期)の確認はできますか?
Q.取引先から回答のあった納期を調達担当者が購入担当者に開示する場合は、どのようになりますか?
Q.価格情報のFAXオプション価格の見積依頼書、注文書はどういう機能でしょうか?
Q.購入担当者から調達担当者に見積り依頼だけを行う事はできますか?
Q.購入担当部門だけで発注を行う事はできますか?
Q.購入担当者から購入承認者や発注担当者から発注承認者に申請がされて承認者が担当者に差し戻した際に、担当者は差し戻された文書を利用して再申請することができますか?
Q.注文書を電子データとして保管するには、管轄の税務署に届け出が必要となり、現在は提出しておりませんので、紙出力が必要となります。注文書控の紙出力には対応していますか?
Q.同様に見積書も税法上の紙保存が義務付けられていますが、紙出力は可能ですか?

  インターネット購買システムWAO!の請求機能オプションの改善イメージはこちらへ 
インターネット購買システムWAO!の2次取引先機能オプションの改善イメージはこちらへ 
インターネット購買システムWAO!の企業調査表機能オプションの改善イメージはこちらへ 
インターネット購買システムWAO!の合見積・単価登録ダウングレードオプションの改善イメージはこちらへ 
インターネット購買システムWAO!の見積単価登録・購入要求発注ダウングレードオプションの改善イメージはこちらへ 
インターネット購買システムWAO!の自動FAX機能オプションの改善イメージはこちらへ 購買システムWAO!ASPサービス価格情報 オプション価格情報はこちらへ
 
 
 

受注者機能オペレーションマニュアル

 

Q.インターネット購買システムWAO!とはなんですか?

A.株式会社富士エフ・ピーが提供するWebベースのEDIアプリケーションサービス(ASP)の製品名称のことです。WAO!の由来は感嘆の「わぁお!」とWell made Advanced Orderの頭文字をひっかけていましたが、最近はWeb Advanced Orderの略としています。製品ファミリーとしてはインターネット発注システムWAO!の姉妹製品サービスとなります。購入要求部門の購入要求申請(入力フォーム)機能と申請の承認フローを要求部門と調達部門をまたがり実施できる機能を標準で対応しました。間接資材や副資材の購入活動などにご利用できますが、直接資材の購買活動も用途によっては対応します。
インターネット購買システムWAO!の概要はこちらへ


Q.トライアルサービスはありますか?

A.はい、無料のトライアルサービスがあります。
インターネット購買システムWAO!90日間無料トライアルサービスの概要はこちらへ
インターネット購買システムWAO!90日間無料トライアルサービスはこちらへ


Q.初期費は必要ですか?

A.はい、必要です。ご利用される機能構成により変動します。詳しくは価格表をご覧ください。
インターネット購買システムWAO!価格表はこちらへ


Q.利用費はいくらですか?

A.注文データの件数や利用ユーザID数により変動します。詳しくは価格表をご覧ください。
インターネット購買システムWAO!価格表はこちらへ


Q.お取引先にも利用費がかかりますか?

A.いいえ、かかりません。お取引先は無料でWAO!をお使いになれます。無料版のヘルプデスクサービスもあります。
(ホームページのお問い合わせフォームからのお問い合わせに対してメールにてご回答いたします。)
ご希望のお取引先にはお電話での問い合わせ対応サービス付きの有料版ヘルプデスクサービスもご用意していますが、必須ではありません。


Q.どんな環境で利用できますか?

A.対応OSはWindows2000/Xp/Vista/7です。(7の64ビット版は32ビット版IEでの対応となります。)
対応ブラウザはInternetExplorerの6.0/7.0/8.0です。(IE8.0は互換教示での対応となります。)
インターネットに接続できることが前提となります。ADSLや光などのブロードバンド接続を推奨します。
インターネット購買システムWAO!利用環境はこちらへ


Q.自動更新パソコンとはなんですか?

A.お客様の構内(または既契約のデータセンタ)で稼動する基幹システムとインターネット購買システムWAO!のASPサーバ(Webサーバ・データベースサーバ)を連携・中継させるコンピュータのことです。
Windows2000/XpProfessional/VistaBusinessが稼動していてインターネットにつながっている必要があります。ファイヤーウォールやルータの内側に配備され、インターネットプロトコル(IP)アドレスは外部のインターネットから参照できないローカルアドレスで構成します。
自動更新パソコン上で稼動するインターネット購買システムWAO!自動更新サブシステム(プログラム)が基幹システムから送信された注文データなどのテキストファイルを検知したりブラウザを自動制御したりして、インターネット購買システムWAO!のASPサーバに自動接続して注文データをインターネット購買システムWAO!のASPサーバのデータベースに格納したりします。


Q.基幹システムとはどうやって連携しますか?

A.お客様の構内(または既契約のデータセンタ)で稼動する基幹システムから、Windows2000/XpProfessional/VistaBusinessが稼動していてインターネットにつながっている自動更新パソコンに、注文データをテキストファイルで送信していただきます。自動更新パソコン上で稼動するインターネット購買システムWAO!自動更新サブシステム(プログラム)が基幹システムから送信された買掛明細データなどのテキストファイルを検知し、ブラウザを自動制御してインターネット購買システムWAO!のASPサーバに自動接続し、買掛明細データなどをインターネット発注システムWAO!のASPサーバのデータベースに格納します。

 また、自動更新パソコンに受信開始コマンドテキストファイルを送信すると、自動更新パソコン上で稼動するインターネット購買システムWAO!自動更新サブシステム(プログラム)がブラウザを自動制御してインターネット購買システムWAO!のASPサーバに自動接続し、受入データなどをインターネット購買システムWAO!のASPサーバのデータベースから照会し、テキストファイルとして自動更新パソコンにダウンロードしますので、それを基幹システム側のファイル転送アプリケーションが受信します。

 
 
     
 

Q.受入が行われた注文の受入情報を会計システムなどに自動で取り込むことはできますか?

A.はい、自動で取り込むことが可能です。自動更新パソコンをご用意いただき、自動更新パソコン上の設定フォルダに受信を開始する合図となるテキストファイルを送信していただきますと、未取り込み分の受入データのダウンロードが始まります。ダウンロードが終了すると設定フォルダ上に受入データのファイルができていますので、そのファイルの存在を検知して自動更新パソコンから会計システムにファイルをダウンロードしていただきます。自動更新パソコンと取り込み側システムとのファイルのやりとりはFTPなどの標準ファイル転送プロトコルの他、市販のファイル転送ソフトウェアなどで行うことができます。


Q.取引先に見積依頼をする時に図面を添付したいのですがPDFの図面は送れますか?

A.はい、送れます。PDFなど各種ファイル形式の図面や仕様書などのアップロードとダウンロードが、発注元と取引先の両方で行うことができます。アップロードできるファイル形式とサイズ制限は発注者のシステム管理画面の環境設定機能であらかじめ設定しておくことができます。(ファイル形式はアップロードを禁止する拡張子を指定して登録しておきます。)


Q.購入品のなかには分割して納品されてくるものもあるのですが、分納の受入はできますか?

A.はい、分納受入は可能です。受入登録時にその都度受入数量を入力します。合計受入数量が注文数量に達しない間は、受入状況は分納となります。注文数量に達して未納入数量が0になると完納となります。


Q.発注時には上長の承認が必要です。また、注文金額によってその承認者も変わってくるのですが対応できますか?

A.はい、対応できます。承認フローは要求部門内と調達部門的な部門内でそれぞれ最大10段階まで構成できます。また、各承認者ユーザに決裁金額を設定できるので、注文金額に応じた決裁を受けることができます。


Q.承認者が申請に気付かずに購入の決裁が滞ってしまうことはないのでしょうか?

A.上長への承認依頼時は次の承認者に対して通知メールが送信されるので承認依頼などに気付いていただけるようになっています。また、各メニュー画面には処理しなければならない案件の件数が表示されていて、それをクリックすると処理対象データが一覧で表示された画面へすぐに移れまするので対応漏れがないような作りとなっています。


Q.合見積の依頼先には、EDIに対応できないところもあるのですが・・・

A.インターネットのできない取引先(非EDI)の分については、発注者側で代理の回答登録が行えるようになっています。5社の取引先に依頼して1社でけ非EDIがあったとしても比較画面で代理登録ができますので他のEDI取引先と同じように回答を比較・管理することができます。見積書・注文書・納品書はEDI取引先の分は控えとして、非EDI取引先の分は発行書面として調達担当者機能で印刷できるようになっています。


Q.自動FAXに対応していますか?

A.見積依頼書と注文書は自動FAXに対応しました。


Q.自動FAXはFAX送信料金が高かったり、高額のハードが必要であったりしませんか?

A.FAX回線は自社のをお使いいただきますので、利用料金はFAX通信費実費の他に利用料金表の費用が発生しますが高くはありません。Web画面から送信結果を閲覧したり、再送を要求できます。一般的によく使われているパソコンFAXソフトと連携しましたので比較的安価に導入できます。


Q.中間承認者は何人まで設定可能ですか?

A.承認フローは要求部門内と調達部門的な部門内でそれぞれ最大10段階まで構成できますので、中間承認者はそれぞれ9人までとなります。


Q.購入するものによって承認依頼先の承認者が異なるのですが対応できますでしょうか?

A.各ユーザごとに承認依頼先は、複数設定することができます。通常は、主となる承認依頼先が画面に既定で表示されますが、検索画面を表示するとその他の補助の承認依頼先を選択することができます。主と補助の承認依頼先はユーザごとに設定しているものなので、購入する商品や品目分類ごとに承認依頼先を指定することはできませんので、この点は手動で承認依頼先を選択しなおしていただくことで対応できます。


Q.テキストファイルのデータ保存の形式はどのようなものですか?

A.取引データはCSV形式または固定長TXTとなっています。マスタは件数が多くなるものはCSV形式で対応しています。


Q.データの保管期限はありますか?

A.いいえ、特に保管期間の期限はありません。発注者ユーザ企業のシステム管理者がシステムのデータ削除画面で対応します。発注者ユーザ企業の方でデータ削除しない限り、データは保管され続けます。


 
 
     
 

Q.社内のシステムにも品目マスタは有るのですが、どのように同期をとれば良いのでしょうか?

A.購買システムWAO!の品名マスタは、画面入力のほかCSVでの入力も可能なので、社内システムに登録済の品目マスタデータをCSVで出力して購買システムWAO!に一括入力することが可能です。また、購買システムWAO!ではCSV出力もできるので、今後増加した分の品名マスタデータは、購買システムWAO!から社内システムへ渡すことも可能です。


Q.担当者や取引先の情報はWEBシステムと基幹システムで共有できますか?

A.購買システムWAO!のユーザーマスタや取引先マスタは、画面入力のほかCSVでの入力も可能なので、基幹システムに登録済のマスタデータをCSVで出力して購買システムWAO!に一括入力することが可能です。また、購買システムWAO!ではCSV出力もできるので、今後増加した分のマスタデータは、購買システムWAO!から基幹システムへ渡すことも可能です。カスタマイズで自動化することも可能です。


Q.帳票に印字できるバーコードの種類はどのようなものがありますか?

A.標準ではCode39ですが、他にCode128、NW7、QRコードをカスタマイズで対応可能です。


Q.外貨での取引に対応していますか?

A.既定の通貨コードを変更すれば単一外貨で対応可能ですが、為替レートに対応する円換算処理は持っておりませんので、円と混在しては運用できません。決裁権の金額が既定の通貨での計算判定となります。


Q.調達担当者だけではなく、購入担当者や購入承認者も購入状況のステータス(承認状況、注文状況、回答納期)の確認はできますか?

A.購入情報を照会するという機能で確認することができます。


Q.取引先から回答のあった納期を調達担当者が購入担当者に開示するには、どうしたらよいですか?

A.購入情報を照会するという機能で確認することができます。見積依頼時の回答納期は購入要求申請閲覧画面から見積回答結果画面を開き確認できます。 発注時にも納期確認している場合は購入要求申請閲覧画面の確認納期項目から確認できます。


Q.価格情報のFAXオプション価格の見積依頼書、注文書はどういう機能ですか?

A.FAX送信機能では注文書、見積依頼書の送信が不要・必要の組み合わせをとれるようにFAX基本モジュール価格に書面送信モジュール単価を別べつの価格としています。
FAX基本モジュール価格+注文書
FAX基本モジュール価格+見積依頼書
FAX基本モジュール価格+注文書+見積依頼書
のように組み合わせを変えることで、不要な書面送信機能を減額することもできます。


Q.購入担当者から調達担当者に見積り依頼だけを行う事はできますか?

A.購入申請の際に[見積するだけ]を指定することで行うことができます。


Q.購入担当部門だけで発注を行う事はできますか?

A.既定の通貨コードを変更すれば単一外貨で対応可能ですが、為替レートに対応する円換算処理は持っておりませんので、円と混在しては運用できません。決裁権の金額が既定の通貨での計算判定となります。


Q.購入担当者から購入承認者や発注担当者から発注承認者に申請がされて承認者が担当者に差し戻した際に、担当者は差し戻された文書を利用して再申請することができますか?

A.申請された内容は保持されていますので、それを編集して再申請することができます。添付ファイル機能をご利用の場合は差戻でもサーバ側にアップロードされた状態となっていますので、再アップロードしなくても同じ文書のまま再申請できます。差し替えることもできます。


Q.注文書を電子データとして保管するには、管轄の税務署に届け出が必要となり、現在は提出しておりませんので、紙出力が必要となります。注文書控の紙出力には対応していますか?

A.注文書の電子データ保管は税務署への届出の有無に係わらずEDIを行う場合は必要になります。注文書の紙出力は標準で発注者側でも受注者側でも印刷に対応しています。


Q.同様に見積書も税法上の紙保存が義務付けられていますが、紙出力は可能ですか?

A.見積書と見積依頼書の紙出力は標準で発注者側でも受注者側でも印刷に対応しています。



 
 
インターネット購買システムWAO!業務改善イメージ解説 画面サンプルを詳しく見たいならこちらへどうぞ
 
このページのトップへ
 
  特定商取引法表記に基づく表記
個人情報保護ポリシー
copyright